社長メッセージ

世界では今、地球環境と社会の持続可能性(サステナビリティ)を脅かす様々な課題が顕在化しています。2015年に「持続可能な開発目標(SDGs)」が国連総会で採択され、企業は従来にも増して環境への取り組み、社会との関わりが求められております。

日鉄住金物産グループは、企業活動における環境・社会・ガバナンス(ESG)への取り組みを積極的に強化しております。

具体的には、全員参加型の環境活動、法規制等の環境教育実施によるISO14001:2015認証の継続取得、社会貢献活動への参加、次世代を担う人材の育成、働きやすい職場と働きがいのある仕事の創造、企業活動における安心・安全・品質の追求、法令遵守の徹底とその体制の構築などによるコーポレートガバナンスの継続的な改善などを実施しております。

サステナビリティに関するグローバルな動きが加速する中で、私たち日鉄住金物産グループに求められている責務を積極的に果たし、また課題解決に向けて真摯に取り組んでいくことで、お客様と社会に更なる貢献をするエクセレントカンパニーを目指してまいります。

2018年6月
代表取締役社長

佐伯 康光