1. ホーム > 
  2. 事業紹介 > 
  3. 鉄鋼事業 > 
  4. NSスタッド工法:特長(メリット・品質管理)

NSスタッド工法

NSスタッド工法は、従来のスタッド工法では不可能とされていた"自動溶接機による鋼板への長尺、太径の異形棒鋼の完全溶け込み溶接"を実現した画期的な工法です。
この工法は、従来から鉄筋コンクリートと鋼板の接合に用いられている差し筋工法やプレートブラケット工法、機械式継手に比べ以下の特長を有しています。
※NSスタッド工法は道路橋示方所IV下部構造編(平成14年3月)の頂版と鋼管矢板との結合部の設計に「鉄筋スタッド工法」として記載された工法。

メリット

Merit 1 大幅な工期短縮

レール式のガイドフレームを有した多連ガン(自動溶接機)の採用により、手溶接等の時間を要する作業が省略できるため、大幅な工期短縮が実現できます。

Merit 2 溶接部の高い品質

自動溶接機はサーボモーター(図-1)を用いることで溶接現象に応じた高応答性を実現し、かつ、溶接状態は全てモニタリング管理(図-2)を行うことで、現場において非破壊で溶接品質を管理することができ、溶接部の高い品質が確保できます。

品質管理

継手判定手順

モニタリングデータ

外観検査合格条件

モニタリング装置

モニタリングデータの管理値(横向)